« おつかれ。 | トップページ | 巨人vsヤクルト@神宮球場 »

書き込むということ

ワタシは東京の某区に住んでおりますが、今日ネットに不審な書き込みがあったため、という理由で、小僧の学校は集団で下校、区内中おまわりさんが多数、という状態だったそうです。

夜、校外班の連絡網も回ってきて、明日の朝の登校も注意するように、できれば親は付き添うようにとの連絡。

その書き込みを見たけど、単純に「ふざけてるんだろうな」、って印象でした。

すごいのは、前日23時の書き込みで、翌朝7時には区内の警察から学校に通達が行ってるようなのね。で、その日の下校指導が入っている。
「通報しました」レスもたくさんついてたので、本当に通報が行ったのでしょう。
または、警察にねら~がいるのか、ねるチェックを担当している人がいるのか。。

ほんの少し前までは、ネットでの匿名の書き逃げは何書いてもOKみたいな感覚があった気もするんだけど、あっという間に現実社会に近いというか、犯罪のラインが確立されてきたんですね。

とは言っても、そういう有名な板ではないところでは、いろいろあります。
誹謗中傷脅迫まがい。
ネットにそういうことを書き込むのは犯罪なのだという意識が広がって欲しい。

でも思うのは、そういう場所がいけないのではなくて、そう書き込むことがいけないんです。
九州の校内で事件が起きたことなどをきっかけに、「お子さんはネットをやっていますか?」的な調査も回ってきたけど、ネットにつなぐことそのものは悪くないんだから、すりかえないでほしいものです。

書き込んでいいこと、いけないこと、人を傷つける内容、犯罪になる内容、ネットなら嘘も書けるという感覚。
子供のしつけに加えるべきかもしれません。

|

« おつかれ。 | トップページ | 巨人vsヤクルト@神宮球場 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

まったく世知辛い世の中になったものです。ネットとはいえ、不特定多数の人が見る立派な現実世界なんだ、という認識が必要。そういう意識さえあれば、書き逃げOKなんて卑劣なマネはできないはず。
それに最近気になる事。なぜ、子供がみんな防犯ブザーを持たなければいけないのか?大人の責任だと思う。確かに僕達が子供の頃から「知らない人について行っちゃいけないよ」とは教育されていたけど、こんな世の中になるなんて、想像もしていませんでした。子供たちが安心して暮せる=誰もが安心な世の中になりますように。

投稿: しんや | 2005/07/16 09:41

ちなみに、警視庁にはハイテク犯罪課という部署があり、自動検索ソフトと人力で一日中Webチェックをしています。

ネットでの書き込みは、匿名だと変わってしまう人があまりにも多いこともなんだかとても不気味です。
韓国では匿名の(実名でなければ)書き込みができないという法律を制定しようという動きもあるようです。
でも、法律で取り締まるようなことではないし。
みんなが「自分がされていやなことは人にはしない」という基本的なマナーがネットでも必要なんだということを意識すれば良いんですけどね。

投稿: あっしー | 2005/07/16 15:31

ほんとに。
なんかさみしいのはね、子供に道を聞くだけでも「変な人が声かけてきた」みたいな感じになるらしい。大人があんまり「気をつけろ」っていいすぎるのもどうかな、と思います。

でも、防犯ブザーは実はそんなに持たれていないんだよ。
うちの上も下も全然持ち歩いてなかったね。かろうじてランドセルに入ってる程度。一年生はクラスでビービー鳴らしちゃって大変なことになってるし。本当に危険な目にあった時に役に立つかどうか疑問です。

そうか、警察も大変だーねー。
小僧が持ってきたプリントを見たら、
「インターネット2○ゃんねるの掲示板で、○○区の小学生を殺害するとの、…」って所在までしっかり書いてあってびっくりした。
そんな時代なんですねぇ。

※コメントありがとう!今度はトラックバックでも(^-^)

投稿: onee | 2005/07/16 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55419/4975724

この記事へのトラックバック一覧です: 書き込むということ:

« おつかれ。 | トップページ | 巨人vsヤクルト@神宮球場 »