« かあちゃん? | トップページ | ついにベッドが、 »

男の子と包丁

小僧が梨をむいてくれました(*^_^*)

nec_0236.jpg

この夏休みはホント楽ちんでした。

学童に行ってた3年生までは、ゼイゼイしながら弁当を作っていて、4.5年生の頃は、前の日の夕飯のおかずを多めに作って翌昼用にしたり、朝ソーメンをゆでておいたりと、なにかしらしていましたが、今年はなーんにもしなかった。

お姉ちゃんとふたりで冷蔵庫にあるものでいろいろ作ったみたいでした。

いやー、やればできるんじゃん!

夕飯も腹が減れば作るらしく、ワタシが仕事から帰った時に鮭フレークチャーハンができあがってた時は感動であったよ。

生活力がついて成長を感じた夏でした。

|

« かあちゃん? | トップページ | ついにベッドが、 »

こども」カテゴリの記事

コメント

たいしたもんだねー。えらいえらい。こうして子供って親の手を離れていくのかなぁ。僕は18歳で家を出る(別に家出じゃなくて)まで、食事は親に頼りっぱなしでした。火が使える料理ができるようになったのも高校生になってからだし、いまだにリンゴの皮も剥けません。それでも一人暮らしで必要に迫られて料理を見よう見まねで覚えたもんです。お姉ちゃんの存在も大きいね、きっと。
これからもっとたくましくなっていくんだろうな・・・。

投稿: しんや | 2005/09/11 18:16

ワタシもハタチ過ぎまでなーんにもしてませんでした。
必要にせまられるとやらなきゃならんのだけど、基礎っていうか
ベースになるイメージがないとたぶんつらいんでしょうね。
少しずつ教えてくれていた母親に感謝したものです。

子育てのゴールは「自立」だと、強く思っていますので、
学力も体力も大事だけど、やっぱり生きていく力が大事。
銀行で振込みもしたことないような大人にならないようにしなきゃな、って思います。

投稿: kumu | 2005/09/11 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55419/5833724

この記事へのトラックバック一覧です: 男の子と包丁:

« かあちゃん? | トップページ | ついにベッドが、 »