« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

ねぇねぇどう思う?

先週の木曜日に都立の一般入試が終わり、自己採点の結果も出ていますが、受検はその年によって難易度が違い、また倍率との関係もあって、ほとんどの子が「微妙」な状態で発表を待っている感じです。

で、今年の理科の問題で、受検生たちが「あいさつがわり」のように話している話題が、
   「ねぇ、線引いた?」
です。

ここを参照してください。シカク3の問3です。
都立(共通)【理科】

問題は、日本列島の地震についての問題なのですが、地震の初期微動と距離の関係が数値で表になっており、問題文は
「… 初期微動継続時間と震源からの距離の関係を解答用紙の図に・を用いて表し、グラフを書け。また、そのグラフからわかることを簡単に書け」

いやいや、初期微動について語りたいわけじゃないんですよ。
(さっぱりわかりませんし…)
この問題の出し方とその答えってそうなの?ってことです。
正解については先生が「線を書かなきゃ×」と言っている感じなんですね。
グラフなんだから線を引くもんだ、と。

でも、ですよ、せめて「線を引いてグラフを書け」って問題にしてくれてもいいんじゃないの?
そもそも、グラフとは線を引くものだという部分は理科の問題の理解度にはなんにも関係ないわけで、数値を・に落とせていれば、初期微動継続時間と距離の比例は語れるわけですし。

試験に必要なものは、数学に定規とコンパスを使うと言われていただけで、子供によっては理科の時間には定規はカバンの中で、そのカバンは前の方にかためられていたそうです。

で、子供なりに考えて、「線引くっぽいけど、定規は数学でしか使わないって言ってたし(実際カバンの中だし)、ってことは線は不要ってことなんじゃないか?」と一度引いた線を消したそうです。

別な学校を受けたお友達のいたクラスでは、「定規は使いますか?」と先生に聞いたら「使いません」と答えた学校もあったそうです。
また、ある子が手をあげて「カバンにある定規を取っていいですか?」と聞いたという話もあります。

結果としては、シカク5の問2も同じようにグラフで、どっちも線ナシなので、それだけで5×2=10点落としたことになります。

部分点をつけるのかつけないのかわかりませんが、なんかしっくりこない話しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都立高校 一般入試

いよいよ都立一般入試の当日が来ました。

昨日の夜は眠れなかったりするのかな?と11時くらいにベッドをのぞいたら爆睡してました。なんか平常心って感じですね。

寝坊もせず、弁当もちゃんと持って出かけていきました。
もう、これだけで「よかった」感があります。
風邪ひいたり、お腹痛かったりしてなくてよかったなって。

HPに正答が出ました。
平成18年度都立高等学校学力検査問題及び正答
新聞の夕刊に理科以外の4科の正答が載ったんですね。
PCがある家ではもう自己採点が出てることでしょう。

うちもやってみましたけど、社会が簡単で理科がすごく難しかった、と言ってるので、教科によって差があるような感じがありますねぇ。超苦手な社会が一番点数がいいかも、という不思議な結果になりそうです。その年によって平均点が違うので、何点取れば大丈夫ってこともないから、なんとも言えませんねぇ。

受検者状況も出ました。
平成18年度東京都立高等学校入学者選抜(受検状況)
上位難関校はずいぶん人数が減っているところもありますが、中堅校以下ではあまり変わりませんね。クラスで3人欠席がいた、って言ってたけど、その分再提出組がいたらしく、人数ほとんど変わらず。。ってことは倍率変わらず。。はぁ。

発表は3/1(水)です。

【追記】
やはり辞退者は少なかったようですね。学校によっては応募者の100%が受けているところもあります。
最終予測がでましたね。
shinken 平成18年度 都立高校 一般入試受験状況からの予測
…過去データを元に、合格者をつんだ状態で出しています。
  よく見ると定員よりも20人も多く合格にする学校もあるんですね。
  二次募集がありそうな学校がわかります。
新教育 平成18年度 都立高校<一般入試>受験状況
…全入になりそうな学校がわかります。
  単位制に多いんですね。墨田川や飛鳥が二次募集になったら、応募多そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トリノ 女子フィギュア ショート

リアルタイムで観ております。
23時に寝て3時に起きた。

寝る前にお嬢に「いい作戦なんじゃなーい?」と言われ、「きっと朝まで寝るに違いない」と思われていましたがちゃんと起きましたさ。

最初からフルに観たんだけど、1番最初のアメリカの16歳の子とその少し後に出てきたグルジアの16歳の子、すごく可愛かった。いやー、若いって素晴らしいね。顔がちっちゃくて髪をキュっとまとめてて、肌もきれいで。まだ体も女らしい肉づきになる直前っていう軽やかさが観てて心地よいです。あと、なんていうか無欲で無邪気。

スルツカヤ強かったすね。なんかああ完璧な演技だとちょっと憎らしい気がするのはなんでなんでしょうか(笑)

安藤ミキちゃんはがんばりましたね。なんか機嫌が悪いのかと思ったら緊張してたようです。衣装はどうなんでしょ?練習風景で映ったときに、「そのタイツみたいなのは脱ぐんですよね?」と思ってましたがセットで衣装でした。まあ、ステキだけどやっぱり足が出ていたほうがよかったような気がします。
マスコミは彼女の言動が「日本代表なのに」みたいに言われますが、ワタシは嫌いじゃないです。若いうちはあのくらいでいいよ。優等生で小さくまとまってるよりいい。
新聞で読んだんだけど、男子代表の高橋クンも「髪型を気にしてばかりで筋トレしなくてコーチに叱られたりしてる」って知って一気に好きになりました。(笑)

荒川さんは落ち着いてましたねぇ。空気に飲まれない強さと気迫が伝わってきました。
でも、ワタシは村主さんのほうが全然よかった。衣装も曲の構成も見せ方もスピード感もほんとステキでした。もっと点数が伸びると思ったんだけどなぁ。あと2点はあげたかった。

サーシャコーエンはアメリカ人っぽいね。あの強気な表情。衣装はこの人のが一番好きですね。ブルーでスカートの部分にカラフルな花がついていて、裏に黄色のスカート。うまかったし、1位は納得です。

さあ、会社だ。準備しなきゃ。

結果はこちら ↓
フィギュア女子シングルショートプログラム

| | コメント (0) | トラックバック (2)

中学校の野球部

うちの小僧はこの4月から区内の公立中学に通うんですが、その中学の野球部に入る予定の6年生は去年の11月くらいから「部活」に参加しているそうです。ビックリです。

で、1月の時点で入る予定の子が20人いて、すでに参加している子が13人いるとの情報…。ビックリです。

「ヤバイ、すでに乗り遅れ?レギュラー争い開始?」ってな感じなので、うちも参加することになりました。

土曜日8:30~17:00、日曜日9:00~17:30。
いやー、きつかったそうです。しごかれているわけではないんですが、小学生チームののんびり練習とは違い、かなり濃い内容だった模様。

めずらしく足がパンパンの筋肉痛で階段の上り下りもつらかったらしい。体力には自信のある小僧ですが、さすが中学は違うんですねぇ。

でも練習自体は楽しいようでなんか満足していました。

そして母として気になるのは「お弁当」です。(笑)
今までは「おにぎり2個」が規定だったんですが、みんなガッツリ「お弁当」を持ってきているらしい。で、みーんな段々に重なってるやつだったと言うのですが、どーゆーの??
大工さんとかが持ってる冷めないやつ?(←すごい貧困なイメージ…)
てゆーか、お嬢が高校に行くと平日オール弁当で、小僧が部活で土日弁当ってことは、

毎日じゃないですかぁぁ。(;_;)

お嬢は週3でコンビニだな…。または自分で作ってくれって感じですが、はてやるでしょうか…。ワタシもやってなかったしなぁ。

そして最近小僧の食欲がハンパないです。制服代やユニフォーム代は覚悟してますが、米代がすごく増えそうな気配です。はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都立高校 最終倍率

都立一般の最終倍率がでました。

平成18年度東京都立高等学校等入学者選抜応募状況(最終応募状況)

2/6・7に出願し、倍率が発表になったのを見て、2/14に願書取り下げ、2/15に再提出をし、最終倍率が確定します。この間に私立一般の試験・発表もあるので、第一希望が私立の子は取り下げるだけになるので、全体では100人くらいマイナスになります。
平均倍率は、1.47倍。普通科だけで約1万人が不合格になる数字。きびしいです。

【追記】
動向のまとめが出ました。
shinken 都立高校 一般入試応募状況(最終)からの予測
新教育 都立高校<一般入試>最終応募状況

お嬢の志望校、倍率ちょっとだけ下がったよぉぉ。よかった。
これ以上上がったらどうしようかと思ったよ。
(って、今さら何もしようがないんだけど…)

注目の本所女子は、2.27倍→1.92倍に下がりました。32人が取り下げ。
葛飾野にほぼ流れるだろうと予想してましたが、1.17倍→1.31倍で、13人増。
あとはどこに行ったのだろう。小岩がちょっと上がってるからそっちかな。

もうひとつの注目は新設校の忍岡。 0.51倍→1.38倍 なんと66人増(男女計)。
すごい増えっぷり。
(実はうちも担任に勧められたのだ、ここ。よかった、動かなくて。)
本所からも流れてるのかもしれん。
0.5倍と聞いたら動きたくなるよなぁ。むずかしいもんだなぁ。

これでもうがんばるだけとなりました。
試験は、2/23(木)です。

※私立の2次募集の情報が出ていました。今からでも間に合います。
shinken 私立2次募集実施校(東京)
新教育 首都圏私立高校等 二次(二回)募集速報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかサッカー少年

(なんだかすっかり受験ブログみたいになっていますが、フツウのことも書きますよ)

うちの小僧は小2から野球をやっている野球小僧なんですが、なにやら「小学校対抗サッカー大会」というイベントがあり、やりたい!やりたい!と手をあげたので、突然サッカー少年になりました。

で、昨日が試合でした。
ワタシはそもそもサッカー派で、高校はサッカー部のマネージャーだったし、サッカーならオフサイドもわかります。(野球はタッチアップからわかりません…)
男の子が生まれたらサッカーやらせたいなぁぁ、と思ってたのに、気づいたらこんなでした。
前置きが長いですが、というわけで、ワクワクです。

そしたらなんと、2試合で4得点も入れやがるじゃないですかっ!
地元のサッカー部に入ってる子がチームに半分以上いるのにですよ!すげー!(すっかり親バカモードのてっぺん付近。はは)

1日4点なんて野球でも取ったことないんですけどー。
んで、「ホントなんでもできるね~」というサッカーママの言葉がちょい痛かったです。
元担任(=サッカーマニア)からは「今からでも遅くないわ、ぜひサッカーに!」と言われました。
チーム成績は2勝1敗で、ブロック2位通過。再来週2位リーグでまた試合だそうです。

中学に入ったら野球漬けになることが確定してるので、つかの間のサッカー部気分を味わってもらい、ワタシもちょっとワクワクを楽しみたいと思います。

Img_0237-2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

都立高校 一般倍率2

出願の2日目。

状況はこちら ↓
平成18年度東京都立高等学校等入学者選抜応募状況(2日目)

あーーー、また倍率があがってますね。まぁ、下がることはないんですけどね…。
学校によっては10人とか増えてるところもあって、ひえ~~って感じですね。
白鴎はふたり増えちゃったからもう入れません(笑)

昨日の倍率を受けて、shinkenが分析をあげています。
【追記】
2日目の情報が入りました。記号がなくなりました。
平成18年度 都立高校 一般入試応募状況(2日目)からの予測

過去のデータから当日の受験率を出して最終的に10人中何人が合格かを記号化しています。
例えば、日比谷は倍率がすごいことになっていますが、男子の受験率は61%なので、最終的には2.2倍くらいになるんですね。なるほど。ちょっとおもしろい。
あと、実際に合格にする人数は発表している募集人数よりも数人増えたりすることもあるようです。

倍率が発表になって、新聞が教室に貼られ、みんな「どうしよう…」モードのようです。
内申はあるけど実力がない、実力はあるけど内申が低い、推薦の激戦を考えるとレベルが上がっていると予想される、等々。

うちも、お友達のMちゃんも 倍率が高い・実力がない・推薦に落ちている・私立には行きたくない という状況。担任の先生も、「ダメじゃないけど、全然確実な位置とは言えないので安心はできない」と言っていて、よく考えて見学もした上でなら再提出もあり、とのこと。

わ~、そんなにあぶないんですかー。倍率が高いと基準で出てる数字は全然あてにならないってことなんですね…。はぁ。

うーむ。もっとたくさん見学しておけばよかった。
都立は3校しか見ていない。で、その3校は全部倍率が高い。うーーー。
普通科だけじゃなくて商業とか単位制とか説明聞いておくんだったなぁ。
ワタシは全然そのままでいいと思うんだけど、本人が迷った時に、消去法で消せたほうがいいしね。材料は多いほうがいい。

再提出の日まではあと1週間。
なんだか、ギャンブルみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都立高校 一般倍率

2/6
今日は都立一般の出願(1日目)です。

HPに結果がアップされました。
平成18年度東京都立高等学校等入学者選抜応募状況(願書受付1日目)

なんか全体的に高い気がするんですけど、気のせいでしょうか…。
明日も受付けるので、もう少し上がります。(T.T)

で、一般は取り下げ+再提出ができるので、まだどうなるかわかりませんね。
(取り下げは2/14、再提出は2/15です)

都立高校は、合格基準みたいなものがないので、応募人数が募集人数に満たなければ、原則として全員合格です。(=全入)
倍率が0.**になっている学校に出しなおしたくなります。
でも同じ考えの人が20人とかいたらどうしよう、と思うとできません。。
※ちなみに、今なら女子1名限定で白鴎に入れますよ~。

2校のどちらも好きで決めがたく迷っているなら安全な方にしたほうがいいです。
レベルが1つくらいしか違わないんだったら倍率の低い方がいいんじゃないかなぁ。(あくまで私見)

そうじゃなければやっぱり「変えない」ほうがいいと思いますね。
なんか、もし合格したとしても通い始めてからのありきたりなダメージに負けそうな気がします。
先生がイヤ、先輩がこわい、授業がつまらない、イヤなやつがいる。
こんなのどこに行ってもあるわけですが、妥協校だと「やっぱりあの時あっちの学校を受けるべきだった。受けたら受かったかもしれないのに。あっちはきっと楽しいんだ。こっちは失敗だ」って。
希望してた学校ならそこそこのことは耐えられると思うんですよね。自分で決めたんだし、って。

明日2日目に少し増えて、その倍率が一番高くて、私立一般がこのあと入試~発表なので都立入試より前に結果が出て少し減るんですよね。一般的にですが…。

で、結局は、「いろいろ考えてもしょうがないから、そんなこと考える時間があったら勉強しろ」ってことですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都立高校 推薦結果

推薦の合格発表の日は中学は1時間で下校。
受検していた生徒は各自発表を見に行き、別々に中学に戻って報告です。

うちは受からなかったので、報告後に「一般はどうするか」を担任と相談。
いつも強気なお嬢ですが、さすがにヘコんでいたらしい。
(ヘコんでいたというよりは、オコっていました。ははは)
一般の出願まで日がないので、「1日だけ考えておいで」というお言葉だったようです。
(担任の先生も大変ですねぇ。ひとりひとりケアしなくちゃいけないし)
「下げようかナァ」とも言ってましたが、結局そのままいくことになりました。
実力が不安定なので謙遜なしでギリギリですが、他に行きたい学校もないし。

受験生の心理は複雑だな、と思うのは、ここへきて「私立は絶対にイヤ」と言い出しています。理由は「高いから」。
いや、高いのはほんとーに高いんですけど、説明会に行ったときは、「ここでいいんだけど」と言ってたじゃないですかっ。>娘
懐の心配をしてくれてエライとお思いでしょうが、学校に払うくらいならダンスのレッスン代にする、という意味です。あと、別に高校はどこでもいいし、ってことみたい。
これで都立一般ダメだったら、二次受けるかもくらいの雰囲気です(^^;;;
(いつまで続くの~~~?)

で、推薦の状況ですが、クラスで16人受けて8人合格。5割です。
結構決まりましたね。併願私立ダメでどうしようーーって友達が受かったのでよかった。
クラスによってはひとりしか受からなかったクラスもあります。

普通科が4人、単位制が2人、工業科が2人。 (女子5人、男子3人)

3倍以上の倍率で受かったのはひとりだけでした。
やっぱり倍率が高いところはきびしい。。
どーーしても推薦で都立に決めたい場合は、成績が2ランク上でかつ倍率が3倍までというところをオススメします。

お嬢の仲良しグループ8人組は私立単願でひとり決まり、都立推薦で5人決まって、なんとあとふたり。すごいな、みんな。
(あーーー、でもひとりじゃなくてよかった)

私立併願を一般入試で受けるコはこのあとが私立受験なので、それも精神的につらいですね。確約もらえているとはいえ、落ち着かないと思います。

前に、
「都立推薦は可能性が低いので、不合格だった時に落ち込んでしまうタイプのコは受けない方がいい」という話を書きましたが、
「面接に自信があって期待しすぎてしてしまうコは推薦受検から発表までまったく勉強しなくなってしまう」という傾向を加えておきます。。。

さあ。一般に向けてがんばってもらいましょう。
今まで全然勉強してなかったんだからあと3週間くらいはがんばらないとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ明日

明日(もう今日か)は、都立推薦の発表の日です。

いやーーーー、長かったーー。この1週間。

もうどっちでもいいから早く結果出してくれって感じですよ。

そもそも都立推薦というものは、
・宝くじみたいなもの   とか、
・落ちて当然   とか、
・ダメモトで、  とか、
・クラスにひとりかふたりしか受からない  とか、
言われているわけですよ。

調べてみると、合格しているコというのは、大抵2ランク上くらいの内申を持っているわけで、それで5倍だ7倍だって言ったら、受かるわけないじゃん…。っていうか、2ランクも下げちゃってもったいないわよ~~。って気もします。

なので、
  期待しない
モードでいようと思っていたのですが、
これがまた人間のおもしろいところで、
受けてしまうと、
  もしかして…?
という気持ちが生まれるんですねーー。

受けた日は、ダメそうだなぁ、と言っていたお嬢が、
  受かんないかなぁ。
  受かるといいよなぁ。
  受かるってことはないの?
  もしかして受かるんじゃない? 
と日に日に変化しており、1週間経ってなんだか自信が生まれているというのは、いったいどういうことなのでしょーか(笑)
  だってまわりに受かりそうなコいなかったし。
とか、全然根拠がないですからー。
(しかも、1週間じぇんじぇん勉強してません。)

親心としては、
「うちのコ、勉強はできないですけど、結構やさしいんです。気配りはできるほうです。小さい頃は弟の面倒もよくみていました。どうかそのあたりを評価していただけないでしょうかねぇ」ってな気になります。(←なんの面接だ…)

そして、中学の担任からシビアなお達し。
 「明日、都立推薦の発表に行って、ダメだったら明日中に一般の受験料を振り込むこと」
そうです。一般の出願は週明けの2/6(月)なのです。
願書の裏に領収書を貼った状態を金曜に確認するには、明日払わねばなりません。

と、いうわけで、受験料の2200円と、もしかして合格したら払う入学金5650円を握り締めて、発表を見に行きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »