« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

なんと!

その後、東京都の試合でずんずん勝ち抜き、なんと、準優勝でした。

この1週間、なんだかジェットコースターに乗っているようでしたよ。

朝4時起きで弁当作って送り出して、試合を見に行って、会社に行って、
「勝っちゃいました」、と、上司に報告して、次の日の休みをもらったりして…。

学校にとっても初めての都大会だったので、私(やママたち)にしてみたら、まずは、1コは勝ちたいよね、と言い、ベスト8に入ったときは、なんだかもう充分でございます、という感じだったので、決勝に残った(残ってしまった)時は、なに?なに?って空気になってました。(笑)

都から2チームが関東に行くので、まだ続きます。
こんなことってあるんだなぁぁ、とびっくりしてます。

小僧はとにかくヘトヘトな感じでしたが、今日あたりからだいぶ復活しました。
精一杯がんばってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初戦勝利!

初戦勝利!
都大会初戦勝ちました!
よかった~。

親たちはみんな「とりあえず1コ勝ててよかった」とホッと一安心。
子供たちは「まだまだこれから」ムード。

3年生は負けたら引退なんだけど、全然実感がわきませんね。

このあとはずっと平日に組まれているので見に行けません(:_;)
でも、もし(もし)万が一、準決勝まで残ったら、急にお腹が痛くなって仕事休むと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部活保護者会

小さいお子さんをお持ちの皆さま。今、中学には部活保護者会なるものがあるですよ。

自分らが中学生の時って、親が試合を見に来たりすることってなかったですよね?うちの部は父も母も来るので、いつもざっと30人は応援がいます。そしてお揃いの応援Tシャツです。

うちはお嬢が帰宅部だったので、部活は小僧で初体験で、さらに今まではダンナが野球担当だったのでワタシはノータッチだったんですが、さすがにお世話になりっぱなしで申し訳ないので、会にも行き、当番もやることにしました。

昨日は「夏合宿について」。持ち物やスケジュールの説明。あと、先生から軽くおこごと(^_^;)

今までどーーーにもあの空気が苦手で、ぶっちゃけ逃げてたわけですが、月曜に初当番をやったらメインのお母さん方と話ができるようになり、だいぶ気分が楽になりました。いやー、前の日ちょっと眠れない感じに緊張だったわ。実は気が小さいもんで…。

で、昨日は保護者会の後、なんだか流れで集まることになり、気がつくと中ジョッキを手にしておりました(゜o゜)。(なんか断るのも行くのもコワかったんですが、結局流れて…。)

みんないろいろ思うところがある。子供を応援する気持ちに変わりはないものの、指導者に不満があったり、がんばっても背番号をもらえないせつなさだったり、先輩が優秀なために比べられる不条理さだったり、本当にいろいろあるんだなぁ、というのが感想。

3年生が都大会に進んでいるので、まだ新チームがスタートできてないんですね。よそのチームは6月下旬に始まっているわけです。それはうちの小僧もかなり気にしていて、実質8月中旬の合宿から始めて、9月の新人戦までにまとめなきゃならない。先輩が勝ってるのはうれしいけど、2年生は試合に出られない。なかなか難しいです。

話がズレましたが、
ま、というわけで、ワタクシ勇気を出して部活デビューをしましたので、妙な孤独感からは脱却しました。

より楽しく野球観戦に行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「斎藤佑樹くんと日本人」

31fljlfe6dl_aa240__1

中野翠さんの本。

気になってたので、amazonでついで買い。

中野さんは少し上の年代なので、「うんうん」「そうそう」と思うところも多く、なかなか楽しめました。
はまっていきかたがほとんど同じってことは、この日本中に同じ感覚を味わってる人がホントに たくさんいるんだなぁ、と。
NHKスペシャルもビデオに録って見ましたし、ワイドショーも斎藤くんのコメントになると家事の手を止めて見てましたし。ええ。

斎藤くんの魅力は「優等生だけどちょっとゆるい」とこですかね。中野さんも触れてましたが、国体で青いハンカチをパフォーマンスとして出した時に、なんだコイツ(やるな)、と思いましたもんね。

あと、女性からの指示が圧倒的に「息子にしたい」というのも納得。
斎藤くんのコメントをテレビで見るにつけ、野球がうまくてもきちんと受け答えができないような選手はダメだ、と小僧にも言い聞かせたり…。ド影響。はい。

本の中にある、昔の選手のくだりとか、市川雷蔵のくだりとかはあんなにいらなかったですね。完全に読み飛ばしちゃいました。
そうそう、デッドボールを与えても帽子を取らないというのは知らなかった。ふーんって感じです。

入れてほしかったのは、ここにも書きましたが、
「(お母さん)丈夫な身体に生んでくれてありがとう」ですよ。
中野さんはお子さんがいらっしゃらないのでツボに入らなかったのかもしれません。母さんだったらみんなズキュンですよ。(あれ、そうでもないです?)

さらさらと読めて楽しかった。自覚はなかったけど、自分がなかなかの斎藤フリークだとわかりました。

※そうそう、不敗神話がストップしてよかった。しかもあんなどうでもいいような消化試合で。聞いた瞬間に拍手でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふむふむ

今日。野球部からおたよりが来ました。

初めて知ったんですが、この中学の野球部が都大会に出場するのは初めてなんだそうです。おお、なんとすばらしい。

で、都大会って何?と調べていたら、こんな説明を見つけました。

-----以下引用-----
Q 「都大会」とは?

A どの部も目指しているのは「都大会」。
その「都大会」とは、「東京都大会」の略で、たいていは「東京都中体連」が主催しています。
ちなみに、野球などは、全都で660校のうち、都大会に出場できるのは44校のみです。
実に15倍という難関です。

さて、東京都中体連主催の大会はだいたい年に3回あります。
  ① 5、6月頃に行われる「春季大会
  ② 6、7月頃に行われる「夏季大会=選手権大会
    (これは勝ち進めば関東大会→全国大会につながっています)
  ③ 10、11月頃に行われる「新人大会
です。

  ①と③は「ブロック大会→都大会」で終了し、
  ②は  「ブロック大会→都大会→関東大会→全国大会」と勝ち進めば上の大会に出るチャンスがあります。

-----引用終わり--(勝手に引用してすいません)---

そうか。この大会は全国につながっているのか。
それでセンセイが「通過点だ!」と熱くなっていたのか。。。

660校が都大会で44校になり、都上位2校が関東大会に行き、関東8都県16校から上位3校が全国大会に行くんだそうです。

へぇへぇへぇ。すごい倍率なんだなぁ。
高校野球の甲子園のミニチュア版だ。

★小僧が中学生になって野球部に入ったとき、ワタシは、
 「一度でいいから都大会に連れてってほしいなぁ」
 って言ってたんですね。
 でも、ワタシがそんなことをつぶやいていた頃、小僧は筆ペンで、
 「全国制覇」と半紙に書いて枕もとに貼ってました。
 「なんなんだ、こいつは」、と思ってましたが、あらためて見ると、
 なんとなく「すごいな」とも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PASMOその後

以前、こんな話を書きましたが、その後結局、500円払ってPASMO定期券にしました。

ホントはSUICAのほうが好きなのにJRに乗ってないからダメなんだって。
しかもワタシのSUICAは「ペンギン」がついてないので、バスに乗れない。ダメなやつだ…。どうやらバージョンが古いようだ。

そして今日は7月2日。

いつものように、改札を「ピッ」って入って、「ピッ」と出たら、料金を引かれていた。
そうだ、ワタシのPASMO定期券は6月30日までだったのだ。

会社から支給されていた磁気定期券を使わなきゃいけなかったのか。

ああ~、180円損した。
ああ~、でも私が悪いのか…。

きっと各鉄道会社は今日の売上は上がっているに違いない。
キー!

そしてまたこの磁気定期券を窓口に行ってPASMOに乗っけてもらわないといけない。
微妙にメンドーだ。

そんな声が多いからかなんか知らんが、会社は今回で定期券の現物支給をやめるらしい。
たぶん給料に乗せて振り込まれるんだろうが、それはそれで使い込んでしまいそうだー。
私の定期代は、6ヵ月だと、82890円もするのだ。

どっちもどっちだなぁ。

今日窓口に行こうと思ったら20時を回っていてちょうど終わったところだった。
明日の朝もまたボーっとして「ピッ」ってしそうだ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝!!

小僧の野球部、今日の決勝戦を延長9回、3-1で勝ち、優勝しました!!!

3年生にとっては最後の公式戦だったので、ホントによかった。
今まで準優勝と3位は何度かありましたが優勝は初めて。チームワークがよくて気持ちのいいチームなので、見てても楽しいです。
今日は絶対勝たせてあげたかったのでほんとにうれしい。

やーっと念願の都大会に行けます。いやーよかった、よかった。

これで小僧は緊張感バリバリで過ごして来た数週間から少しの間開放されます。胃薬も飲まなくてよくなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »