« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

運動会!

運動会!
小僧の中学最後の運動会。
雨で流れ流れてましたがやっと開催できました。

まずは、先生に「おい、お前やれ」と言われてやることになったという選手宣誓。やたら緊張してました。

次は3年男子クラス対抗の「棒倒し」。とにかく守りを固める作戦で、他のクラスの倍くらいが守りに回って、見事一位。

次は全員リレー。早い子を後ろに固めて「かっこよく全クラスを抜き去る」作戦は見事に失敗(笑)。
たぶん、人は競ってるほうが早く走れるから、がーっと離されてる時間が長くて3位がやっと。
小僧は半周差の4位(ビリ)でバトンをもらって、女の子ふたりを抜きました。

午後は短距離走。一年生は背の順、二年生はタイム順、三年生はクラス内でランダムに決めた順。早い子と当たらなかったので見事余裕の一位。

クラス対抗の大縄跳び(写真)は「回す係」。しかも相方は野球でバッテリーを組んでるキャッチャー。そして横で指示を出しているのは、担任兼顧問。もうホントにおもしろい図で、ひとりで笑ってしまいました。
チームワークよく、見事一位。

そして大トリの学級対抗選抜選手によるリレー。
小僧は第一走者。なんとか一位でつなぎ、そのあともずっと一位のままでゴール!大喜びで盛り上がってました。

最終得点も一位。体育委員なので前に出て賞状を受け取りました。

いやー、楽しかった。
中学生というのは、こういう行事を「一生懸命やるのはかっこわるい」みたいな空気がありますが、本当はがんばるほうが楽しいし、力を合わせて勝つのはうれしいものなんだ。反抗期を経て、そういうのがわかったのかなぁと思いながら見ていました。

足の速い息子を持つと運動会は楽しーー(^O^)。
野球の大会と違ってのんびり楽しめるのもいい気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいがく?!

お嬢、高3。
ずっと「勉強きらいだから進学しない」「ダンスで食ってくからいいの」と言っていたのに、突然

「大学行こうかな」

と言い出した。

まわりにいる年上のダンス仲間は9割方高卒で、みんな口を揃えて「大学いっとけばよかった」って言ってるらしい。
あと、とあるオーディションの話が進むかもしれないから、定職につかずに学生の身分を引き延ばしたほうがよさそう、ってのもあり。。
確かにねぇ。

とはいえ、
都立中堅高で中の下の成績といえば学力があるわけもなく。
…ええ、ただただ楽しく過ごしてましたねぇ。

大学の受験制度もよくわからず。
…本人も私も進学系の説明会をまったく聞いていない。

勉強嫌いには変わりはなく。
…内申とキャラクターだけでなんとかなるんじゃないかと思っているようだ。

小僧が中3なのでダブル受験だ。
…金かかる。時間かかる。あああ。

という感じです。

大学ってみんな遠くにあるのねぇ。1.2年だけすごい遠くとか。
いーっぱいあるように見えて、学部と場所とランクでしぼると数校しかないってことがわかったよ。(←にわか調査 (^-^;)

あとあの各種推薦制度がいまいちよくわからん。
取りあえず、一学期はちゃんとテストがんばって評定稼いでおけ!と言ってあります。

まあ、あの子のことだから「やっぱりやーめた」って言いだすかもしれないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球春

春です。
野球を観るのに、ちょうどいい季節です。

高校時代サッカー部のマネージャーだったワタシとしては、
「なんで今、こんなに野球を観ているんだ??」
って感じですが、野球です。

小僧が小5で「野球を続けるか、サッカーに移るか」を悩んでいた時に、
「サッカーに行け!」と言っていたら、今ごろサッカーを観ていたと思います。
不思議なものです。

野球のルールは難しいのでいまだにわからないんでけど、なんだかおもしろい。週末は小僧のチームの野球の試合がないと、すごーくつまらないことになります。雨雨だと最悪。。

連休は、練習・試合・練習・試合なので、休・出・休・出 です。
頼むから雨降らないでーーって感じ。

練習試合に行くと、野球ママ、野球パパがいて、みんなあったかくていい人で、子供が野球をやってなかったら出会わなかった人たちに出会えたというのも、ありがたいし、うれしい。

中3なので、この春の大会が終わると、次の夏の大会で負けたら引退。
夏の大会は6月中旬から始まるので、もしかしたらもうすぐ終わりかもしれない。
ほんとに早い、中学野球生活。。ああ、時が過ぎていくのがもったいないです。
ずんずん勝って、お世話になりすぎっていうくらいお世話になっている顧問(かつ担任)の先生を、ぜひ喜ばせてほしいですねぇ。
まずは、あさってのブロックで勝利を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »