« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

こーこーやきゅー 春11

春の本大会は、昨秋に本大会に出場した47校に、ブロック予選で勝ちあがった46校を加えて、93校で争われる予定でしたが、東日本大震災の影響で、1次予選が中止になりました。

昨秋、新チームでの大会で、思うように力が発揮できなかったチームや、抽選結果でブロック予選とは思えない強豪だらけのブロックに入ってしまったがために、本大会に進めなかったチームが、春の大会で大会に参加することすらできないという、本当に本当に残念な結果です。

いえ、わかるんです。予選の開始は3/19の予定でした。東京全域の各校のグラウンドで行なわれるわけです。
余震・停電・電車の運休・原発。。野球部の相当な人数を集めるリスク・監督の責任・学校の責任、、、いろいろ考えたら、「中止」の判断はやむなしだったのかもしれません。
他の競技は全国大会そのものが中止になっているわけで、本大会をやれるだけ、野球は恵まれているという話もあります。

でも。
やっぱり残念で悲しい。
入学してから引退までで7回しかない公式戦。自分の代で3回しかない公式戦。
11月~2月までは対外練習試合禁止。どのチームも冬の間は厳しいトレーニングです。
やっと春になったのに、練習も試合もできず、実力を試す場がなくなりました。
その学校が出場できるかできないかだけでなく、チームの中には「春には絶対に背番号を取るんだ!」とがんばってきた子たちがたくさんいます。新3年生の高校球児には、『今』しかありません。
そんなことを考えると、しかたがないことながら、涙が出ます。

せめて本大会が安全に無事に行なわれますように…。

通常は、春大会でベスト16になると、甲子園に続く夏大会(最後の大会)のシード権が取れますが、今回はそれもなく、夏大会はすべての学校がノーシードとなります。
全校ノーシード。。こわすぎです。

気を取り直して、予想をしましょう。

  組合せはこちら 

通常は秋の結果でベスト16までがシードですが、ベスト8までに変更になりました。
とはいっても、1次からの勝ち上がりを略した結果、シードなしでも3回戦から出場のところがたくさんあり、あまり意味がない感じです。

キツそうなのは、左下にある「関東一・明中八王子・修徳」のところでしょうか。
あとは、右下の「佼成・豊山・明大中野」が厳しそう。

ベスト16はこんな感じと予想します。もちろん、応援の意味も含めて。
毎度ですが、きわめて勝手な予想なので、おこらないでね。>関係者の皆さま

【11春予想】
Aブロック
  ・日大三
  ・都国立
  ・創価
  ・早大学院
Bブロック
  ・東海大高輪台
  ・修徳
  ・郁文館
  ・八王子
Cブロック
  ・都片倉
  ・二松学舎
  ・国士舘
  ・日大二
Dブロック
  ・日大豊山
  ・安田学園
  ・東亜学園
  ・国学院久我山

元気に応援しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »